お問い合わせ お問い合わせ

シーリング工事の重要性について 川田建装は適正な施工を致します






シーリング(コーキング)について







適正なシーリング工事とは?







  まず「シーリング」と「コーキング」の違いは?



   

  一般の方としてはコーキングと表現される方が多いです。


  シーリングと同意義語で「コーキング」とありますが、シーリング


  (sealing)はSEAL(シール)つまり封印するから来た言葉です。


  コーキングは英語のコーク(caulk)から来た言葉となります。



  〇シーリング材(建築用はJIS A5758で規定)


  構造体の目地・間げき(隙)部分に充填して防水性、気密性などの


  機能を発揮させる材料です。



  〇油性コーキング剤(建築用はJIS A5751で規定されていたが現在廃止)


  展色材(天然樹脂、合成樹脂、アルキド樹脂など)と鉱物質充填剤


  (炭酸カルシウムなど)を混合して製造したペースト状のシーリング材。


  相対変位の小さな目地のシールに使用される。


  鉱物質充填剤として、石綿は現在使用が禁止されている。


  

  上記のことを考慮して考えると、建築分野では目地や亀裂、窪みなど


  を充填材として封印し、気密や水密を守る役割をしていますから、


  どちらかというとシーリングの方が正しいような気がします。


  しかし、コーキングも同意義として使いますから、決して間違いではな


  いです。


  ゼネコン業者さんの現場等ではシーリング工事が一般的で、町場の


  工事のみの経験者の方は、コーキング工事ということが多い印象です。


  


  改修工事の適正なシーリング工事とは?


  〇サイディングの場合


  ・既存のシーリング材はすべて撤去致します。


  これは通常の作業です。最近よく聞くのが窓廻りは撤去せずに増し打ち


  します。という内容。


  その理由として、


  ・窓のサッシに傷がつくから。


  ・撤去するとサッシが歪むから。


  ・窓廻りは傷んでいないから。


  ・窓廻りを撤去すると壁に傷がつくから。


  など・・・


  はっきりと言いますが、上記内容は業者さんが「楽」をしたいから、


  または「手抜き」をしたいから。と申しても過言ではないでしょう。


 塗装の営業をして『この壁はチョーキングしているから塗替えましょう』


  と言っているのに、同じ年数を使用したシーリング材は劣化が少ない


  そんなことはないでしょう。


  既存シーリング材のうえに増し打ちなどしたとしても、打ちしろがない


  部分に擦るわけですから、厚みが確保されません。


  また、相間剥離という剥離状態となる可能性がございます。


  いわば不具合の原因となるのです。


  基本的に、シーリング材の厚みは10mm確保しないと耐久性が見込め


  ません。早期破断や界面剥離などといった症状となります。


  飛び込み営業で来た方や、チラシで問い合わせた業者さん、集客だけ


  して外注業者さんへ丸投げするような業者さんには、、


  『特にご注意くださいませ!』


  不安を煽るような言い方や、無知なのにあたかも正しい内容のよう


   な言い回しをしてきますから・・・あぶないですよ最近は。。。


 改修工事の適正なシーリング工事とは?

 

        ☆サイディングの場合☆


  まず既存シーリング材はすべて撤去致します。


  窓廻りもすべてです。その後テーピングを施します。

   


  適正に撤去すると、このぐらいは通常で産廃がでます。

       


  板と板の間の目地部で、ハットジョイナー部にボンドブレーカーが


  無い場合や無くなった場合は、新規でボンドブレーカーを貼ります。


     


  サイディング板は、板の小口面と小口面の2面を接着致します。


  目地奥に接着させてしまうと3面接着となり、早期の破断や界面剥離


  が生じてしまいますのでご注意ください。


  ボンドブレーカーは、目地奥に新規シーリング材を接着させない為に


  貼ります。新築時に施工されているハットジョイナーに貼られている


  ボンドブレーカーが残っている場合は必要ございません。


  このようなことも、無知な業者さんや職人さんがいらっしゃいます。


  また、知っていても目先の儲けを考えて施工致しませんし、気にも


  しません。何故ならお客様目線の工事ではなく、自らの楽や手抜き


  がしたいからです。


  テーピングが終わると、次にプライマー塗布です。

  


  プライマーを塗布した部分は、その日に充填してしまいます。


  充填したら均す作業を行い、テープを撤去して完了です。


    


  この内容は、シーリング工事を先行して行い、その後しっかり乾燥


  させてから塗装するといった、『先打ち』の内容です。


  乾燥期間はしっかりと設けなければ、早期で不具合が発生してしまう


  ので注意が必要です。


  塗装後はこちらです。


     



  適正な乾燥期間を設け、適正な塗り回数と適正な塗布量が塗装された


  状態になってこそ、本来改修工事を行う目的ですよね。


  この内容が『お客様目線の工事』なのです。


  メリットばかりを言い、ただ安いだけの業者さにはご注意を!!


  知らないからといって手抜きされますからご注意くださいませ。



  また、塗装後に施工する『後打ち』や『化粧打ち』という内容もござい


  ます。


    こちらは多彩模様仕上げを施しています。


  多彩模様仕上げや、クリヤー塗装といった塗料は、若干固い塗料です。


  よって、新規シーリング材のような柔らかい材料のうえに塗装を施して


  しまうと、シーリング材のうえに塗装した塗膜が割れてしまいます。


  シーリング材が充填されている部位は、緩衝部分となり動きが想定され


  る部位となります。動きがある=塗膜も動く=固い塗料は割れるという


  内容なり不具合となります。


  塗装後に『後打ち』する。または『化粧打ち』するといった内容が、望


  ましい内容となるのです。


  新規シーリング材を充填した部分に塗装しないと、劣化が早いんじゃな


  いの?と疑問がでますが、塗装できるシーリング材は塗装しないと長持


  ちしません。塗装しなくても耐候性能があるシーリング材は、塗料で塗


   装してしまうと、ブリード(汚染)が発生し黒く変色したり、ベタつきが発


   生してきたりしてしまいます。


   見かけたことないですか?塗装しているのに、シーリング材のうえだ


   け変色している症状?


  適材適所な材料選定と施工仕様が大切となります。


  他社さんで施工され、不具合が発生したというご相談物件では、シーリ


  ング材のうえにクリヤーを塗装していたり、多彩模様塗料を塗装して割


  れていたりと、悲しい状態となっていることが多いです。


  こちらが「後打ち」施工後です。


    




  塗装しませんから、勿論綺麗に仕上げます。


  以上がサイディング編のシーリング工事内容でした。







  ☆ALC板の場合☆


  ALC板とは珪石、セメント、生石灰、発砲剤のアルミ粉末を主原料


  とし、高温高圧蒸気養生という独自の製法による軽量気泡コンク


  リート建材です。


  不燃材料で、耐火構造などの仕様や認定を有しています。無機質


  な原料からつくられる為、万一の火災にも有毒なガスや煙を出す


  ことはありません。


  耐火性を備えたパネル建材として最も普及しているのがALCパネ


  ルです。


  ALCパネルの内部には、補強材として特殊防錆処理を施した鉄筋


  マットやメタルラス(スチール製の金網)が組み込まれています。


  補強材を外壁、間仕切壁、床、屋根など使用部位に応じて配筋す


  ることで、使用上十分な強度を発揮致します。

  

  まずはALC板の特徴と説明でした。


   ALC板及びパネルには、板間や窓廻り、各所端末にシーリング材が


  充填されています。


  サイディング板とは違い、ALC板はシーリング材で止水されていると


  いっても過言ではございません。


  勿論、適正な雨仕舞として透湿防水シートが貼られていて、窓廻りに


  ブチルテープが適正に貼られている場合は別の考え方になりますが


  昔の施工の場合は2次防水がしっかりと施工されていないという内容


  が多いです。


  よって、1次防水のシーリング材に切れや破断が多くなると、雨水の


  浸入が懸念されるようになってまいります。


  よく無知な業者さんや、悪徳な手口での業者さんや職人さんになると


  単純にシーリング材が切れていたり、剥がれや破断があると、、


  「雨漏りしますから早期に修繕が必要」


  と申しますので、これもこれで注意が必要です。


  では、ここからALC板へのシーリング改修について綴ってまいりま


  す。


  


  上記のようなパネルがALC板となり、板間やサッシ廻り、各所端末


  にシーリング材が充填されています。


  新築時のままの場合は板間は打ちしろが多少あり、増し打ちするこ


  とが多いです。


  しかし、既存シーリング材が塗料と相性が悪い材料を充填していた


  り、新築時の施工が不十分で剥がれが生じていたりすると、完全撤


  去が望ましくなります。私どもは古いシーリング材を使用したくない


  ので完全撤去をしています。


      


  撤去する際、壁素材を傷めないように撤去することもポイント。


  私どもはALC板の癖や特徴を理解していますので得意ですが、理想


  は完全撤去が望ましいですね。十分な打ちしろを確保する為です。


  勿論、窓廻りは特に完全撤去しないといけません。


  


  窓廻りに増し打ちといっても、全くといって良いほど打ちしろなどござ


  いませんからね。。。 『ただの塗装屋さん』はただ塗装するだけの無


  知な方が多いので、傷んでないから塗装で十分です。


  防水機能や弾力のある塗料だから撤去する必要がないなど、、、


  『お客様目線ではなく』 『業者側目線の楽な施工』をされるので注意


  が必要です。本当に。。はっきり申しあげますが「手抜き工事」です。


  その後は新規テーピング、プライマー塗布となります。


  このプライマー塗布が、密着の為に重要な工程となります。


      


  ここからようやく新規シーリング材の充填です。


  エアー(空気)が入らないようにしっかり充填していきます。


  エアーが混入すると、施工後プクプクと膨らむ施工不良となります。


  


  その後均し作業。綺麗な平滑面にしていきます。


  新規シーリングは面打ち・面落ちといった方法がございますが割愛


  致します。


    


  充填後は十分な乾燥期間を設けてから塗装という工程となります。


  塗装後がこちら。


      


  ここまでの工程が、スタンダード(普通)なALC板外壁の改修塗装方法


  となります。塗料が高級だからとか、塗装する腕が良いとか次元の違


  う内容となり、重要なことは【下地処理が重要なんです】







 ☆陶磁器タイル面の場合☆


  躯体構造がRC造の外壁に陶磁器タイル貼りの物件が多くございます


  県内では少ないですが、中にはALC板に陶磁器タイルを貼っていると


  建物の挙動が発生した場合にタイル下に弱点ができ雨水浸入が発生


  したりしてきます。


  話を戻すとRC造の場合、コンクリートの打継目地に合わせて陶磁器


  タイルを貼り、伸縮目地を設けることが通常です。


  躯体の挙動や乾燥収縮による伸縮からタイル面を保護し、タイルの


  クラック(ひび割れ)や防ぐ為に機能しています。


  上記に綴りました打継目地とは別にタイル目地という部分となります。


  タイル目地も様々で、幅が20mm〜30mm程度、深さ15mm程度とい


  う設計となり、シーリング処理が施されています。


  露出しているシーリング材は、紫外線等の影響で劣化してまいります。


  材料の種類により異なりますが、およそ12年程度で油分が抜け、伸


  縮性のあったシーリング材が硬くなり、破断や剥がれが生じてまいり


  ます。


  こちらも増し打ちなどといっ内容がございますが、これも打ちしろがな


  い場合のみとなり、『撤去及び新規シーリング材の充填』が望ましい


  です。


  陶磁器タイル面のシーリングが劣化した状況。


  


  上記画像はマンションの外壁に貼っている陶磁器タイル目地に充填


  しているシーリング材が劣化している状況です。


  破断や剥離が見受けられ、無くなっている部分もございます。


  適正な改修工事を行うと、まず既存シーリング材の撤去を行います。


  その後テーピング。


  


  綺麗に撤去し、清掃してからテーピング致します。


  その後密着の為にプライマー塗布。


  シーリングもプライマーがとても重要な工程となります。


  


  その後は新規シーリング充填。充填後は均し作業を行い完了。


  


  タイル目地のシーリングもエアー混入しないように施工が大切。


  エアー混入すると早期不具合が発生致しますので注意が必要です。


  こちらもRC造某ビル様外壁陶磁器タイル面です。


  


  こちらの物件を建築された事業者様は某スーパーゼネコン様。


  各所雨漏りが発生していたことで、ビルオーナー様より弊社へ改修


  依頼を頂戴し入念な改修工事をさせていただました。


  こちらも勿論完全撤去。その後テーピング処理。


    


         


  その後プライマー塗布。


         


   新規シーリング材の充填及び均し。


    


   新規シーリング材の充填及び均し。ロスがないよう均します。


     


  シーリング工事工事完了です。


  


  シール工事も有資格者が行わないと技術力の差が生まれます。


  荒い施工をされると美観的にも汚いですし、無知な方が施工すると


  早期不具合が発生致しますから注意が必要です。


  因みに、こちらの物件での雨漏り解決はシールの打替えだけでは


  直りません。もっと深い内容での雨漏りでした。


  勿論弊社の雨漏り解決率は100%! 完全解決です。







  今後はコンクリート編も綴りますのでご興味がございましたら拝読く


  ださいませ。





   


   

   

  一つ一つの施工にこそ『こだわり』。


  神経を注いで真心を込めて施工する。

 

  これぞ私ども有限会社川田建装の誇りであり職人魂なのです。

 

  あなたの大切なマイホームを必ず守ります。

 

  真心こめて新たな命を吹き込み、素材を保護し延命してみせます。











川田建装の施工に対するスローガン




『すべての施工はお客様の笑顔の為に』









私達にはお客様の笑顔に





『こたえる技術と力』があります





高松市,丸亀市,坂出市,善通寺市,観音寺市,さぬき市,


東かがわ市,三豊市,木田郡三木町,香川町,香川郡,綾歌郡,


宇多津町,綾川町,仲多度郡,琴平町,多度津町,まんのう町,


木太町,春日町,新田町,高松町,屋島西町,屋島中町,屋島東町,


牟礼町,元山町,香川町,仏生山町,国分寺町,香南町,伏石町,


庵治町,一宮町,太田上町,太田下町,岡本町,亀岡町,亀田町,


川島東町,鬼無町,香西本町郷東町,西宝町,三条町,新北町,


昭和町,十川東町,多肥上町,多肥下町,鶴市町,成合町,中間町,


花園町,東山崎町,福岡町,上福岡町,松島町,三谷町,六条町,


小豆郡にて塗装・防水・内装塗装・内装工事・各種リフォームは


川田建装へお任せください。



#高松市外壁塗装 #高松市で外壁塗装 #高松市で外壁塗装なら ♯高松市で外壁塗装屋根塗装なら 高松市外壁塗装 高松市で外壁塗装

高松市外壁塗装 高松市で外壁塗装 香川県外壁塗装 香川県で外壁塗装

https://www.bing.com/search=香川県塗装川田建装



Creating the future with painting





Googleページ








#高松市外壁塗装 #高松市で外壁塗装 #高松市で外壁塗装なら ♯高松市で外壁塗装屋根塗装なら 高松市外壁塗装 高松市で外壁塗装

高松市外壁塗装 高松市で外壁塗装 香川県外壁塗装 香川県で外壁塗装

https://www.bing.com/search=香川県塗装川田建装





香川県塗装会社・香川県塗装業者・香川県塗替え・建物・家・ビル

アパート・マンション・店舗・商業施設・での外壁塗装や屋根塗装・内装塗装

防水工事や下地改修工事なら有限会社川田建装へお任せください。

雨漏り調査や雨漏り修理・雨漏り修繕のことなら雨漏り119高松店へ

ご相談ください。

内装工事としてクロス貼替や床工事・水回りなどのリフォームは

建装リフォームへお声がけくださいませ。

川田建装トップページ川田建装創業の歩み施工事例関西ペイントリフォームサミット参画店DIA KALEIDO (高意匠仕上げ)無機・マスターズコート


スタッフ紹介電気工事シーリング工事(コーキング)についてコンクリート表面復元工法・表面再生工法ALC素材の塗装について木部塗装について


工事期間及び工事の流れ塗り替え時期リフォームガイド現地調査・診断ご提案プラン会社概要MAP社訓求人情報KK-NEWS川田建装はどんな会社


塗魂ペインターズお問い合わせアステックペイント断熱・ガイナハナコレクションカルセラUVプロテクトクリヤー高意匠サイディング2色塗り


屋根・樋工事セミフロンアクアリンク集防水工事4Fセラミックサーモ・アイチャレンジ25サイトマップローンのご提案雨樋・板金工事


最新情報雨漏り調査雨漏り修理コンクリート表面復元工法失敗のない工事と業者選びあなたのお家は狙われている香川県の訪問販売・テレアポ営業・チラシ


香川県で塗装・外壁塗装・屋根塗装・塗り替え・各種リフォーム・防水工事・遮熱塗装・雨漏り修理・シーリングは川田建装にお任せ下さい。


高松市で外壁塗装・松市外壁塗装・松市屋根塗装・松市塗り替え・松市各種リフォーム・松市防水工事・遮熱塗装・松市雨漏り修理・松市シーリングは、すべて川田建装にお任せ下さい。


香川県で外壁塗装・香川県外壁塗装・香川県屋根塗装・香川県塗り替え・香川県各種リフォーム・香川県防水工事・遮熱塗装・香川県雨漏り修理・香川県シーリングは、すべて川田建装にお任せ下さい。


施 工 エ リア

香川県全域高松市丸亀市坂出市善通寺市観音寺市さぬき市東かがわ市三豊市小豆郡全域土庄町小豆島町木田郡全域三木町香川郡全域


 屋島西町高松町牟礼町国分寺町香川町直島町綾歌郡全域宇多津町綾川町仲多度郡全域琴平町‖‖多度津町まんのう町徳島県北部愛媛県東予


 ‖屋島東町屋島中町仏生山町円座町成合町一宮町塩江町


高松市,丸亀市,坂出市,善通寺市,観音寺市,さぬき市,東かがわ市,三豊市,木田郡三木町,香川町,香川郡,綾歌郡,宇多津町,綾川町,仲多度郡,琴平町,多度津町,まんのう町,木太町,春日町,新田町,高松町,屋島西町,屋島中町,屋島東町,牟礼町,元山町,香川町,仏生山町,国分寺町,香南町,伏石町,庵治町,一宮町,太田上町,太田下町,岡本町,亀岡町,亀田町,川島東町,鬼無町,小豆郡,小豆島町,土庄町,香西本町郷東町,西宝町,三条町,新北町,昭和町,十川東町,多肥上町,多肥下町,鶴市町,成合町,中間町,花園町,東山崎町,福岡町,上福岡町,松島町,三谷町,六条町


(C) 2010〜2021 有限会社川田建装. All RightsReserved.

このサイトに含まれるイラスト・写真等はすべて川田建装に著作権がございます。無断転載・転用を固く禁じます